> 特許制度 > デザイン
出願人に関する事項(姓名、住所、国籍等)、デザイン創作者に関する事項、図面または代用写真(斜視図及び6面図)、物品の名称、代理人を選任する場合は委任狀。
デザインの成立要件、工業上利用可能性、新規性、創作性、先出願主義。
物品の特性上流行性が強くライフサイクルが短い衣服類、寝具類、事務用紙製品類、包装紙、包装用容器、織物地、編物地、合成樹脂地等は、デザイン無審査登録出願対象であり、方式審査とデザイン成立要件、工業上利用可能性の有無だけを審査。
デザイン登録出願は、出願日以後約6個月〜9個月後に審査が開始され、デザイン無審査登録出願は出願日から2〜3個月後に審査が開始されます。

デザイン無審査登録出願が、審査を経て登録公告されると、登録公告日から3個月以内に第3者は、異議申請ができます。
1. 複数デザイン制度-デザイン無審査登録対象物品は、1デザイン毎に1出願書で出願することもでき、物品の大分類が同一な物品に対しては20以内のデザインを1出願書で出願できます。

2. 類似デザイン制度-自身の登録デザインまたは出願デザインにだけ類似なデザインに対しては、類似デザインで出願できます。

3. 部分デザイン制度-コーヒーカップの柄等のように、同じ物品の部分に関するデザインもデザインとして登録を受けられます。但し、デザインの対象になる物品名はコーヒーカップのように全体物品名を記載しなければなりません。

4. 画像デザイン-ウェブサイト、情報家電製品、ソフトウェア等に現れたグラフィック使用者インターフェイス(GUI)とアイコン等の画像デザインもデザインとして登録を受けられます。