> 特許制度 > 商標
現在、外国語での商標登録出願は、不可能です。韓国特許庁は、韓国語の出願だけを認めています。韓国出願時の書類等は、必ず韓国語で翻訳して提出しなければならず、パリ条約、マドリードシステムによる出願が可能です。
商標(Trademark)、サービス標(Service Mark)、団体標章(Collective Mark)、業務標章(Business Emblem)。
記号、文字、図形、色彩, 立体とこれらの結合商標, 音声商標や臭い商標。
普通名称、技術的標章等の識別力のない商標、先出願または先登録された商標と同一または類似な商標、周知著名な他人の商標と同一または類似な商標等は、登録を受けられません。
NICE分類に従っています。多類1出願が可能です。
商標出願書(出願人に関する事項、商標見本、指定商品記載)、委任状。
商標出願に対して方式審査後、絶対的拒絶理由及び相対的拒絶理由該当有無に関する実体審査をし、拒絶理由が発見されなければ出願公告決定をし、拒絶理由が発見された場合、出願人に拒絶理由を通知して意見書提出の機会が与えられます。
出願公告日から30日以内に第3者は、異議申請をすることができます。異議申請があった場合、出願人に意見書提出の機会が付与されます。異議申請が理由あると認められた場合には、拒絶決定され、異議申請が理由ないとされた場合には登録決定され、異議申請がない場合には、すぐに登録決定されます。
商標出願日後、8個月〜10個月以内に審査結果が出され、登録までは1年〜1年3個月程度の期間が所要されます。
商標権の存続期間は、商標登録日から10年であり、10年ずつ更新できます。